業務用エアコンリース

HOME » 業務用エアコンリース

業務用エアコンリース

リースで導入した業務用エアコンが故障した場合の対応について

リースで導入した業務用エアコンが故障した場合の対応について、知りたいと考えている人が多いようです。
リースで導入した業務用エアコンが故障した場合の対応について解説します。
故障した場合の対応は、それぞれの状況によって異なりますので、覚えておきましょう。

経年劣化などによる故障の場合で、修理保証付きリースではないリース契約の場合には、修理費用はすべて自己負担となります。
故障した場合には、自分でメーカーなどに修理を依頼しましょう。

修理保証付きリースを契約している場合には、適用条件を満たせば、修理費用の負担をなく、修理をしてもらうことができます。
故障した場合には、まずリース会社に連絡をして、リース会社からメーカーに修理を依頼してもらうという形になります。

火災、台風、落雷等で故障してしまったという場合には、動産保険が適用できる可能性があります。
この場合も、修理費用を保険金でカバーできる可能性が高いので、修理費用の負担なしで済むというケースが多いです。
まずは、リース会社に連絡して、リース会社から保険会社に保険金を請求してもらうという流れになります。

リースで導入した業務用エアコンが故障してしまった場合の、修理費用の負担、対応についてはこのように、状況によって大きく異なりますので、注意が必要です。
リースに関するご相談は、新空調がオススメ。

業務用エアコン導入をご検討中の方は必見

業務用エアコンを設置するなら防振ゴムがおすすめ
業務用エアコンで問題になる意外なことと言えば、騒音です。とくに、業務用エアコンの室外機の音がうるさいというクレームは意外と多いと言われています。せっかく設置した業務用エアコンがクレームによって使えないなどということになったら、大変ですよね。そんな時に、おすすめなのが防振ゴムです。この防振ゴムは、防振効果、防音効果があると言われています。このゴムの力によって振動を抑えることが出来るので、室外機にとっても優しいというメリットがあります。

この防振ゴムは室外機に直接置く、架台の上に置くなどして使用します。この防振ゴムは、ホームセンターなどでも購入することが出来ます。価格もそこまで高いものではありません。この防振ゴムは、室外機を設置する際に一緒に入れてもらうようにするのがおすすめです。もちろん、この防振ゴムだけですべての振動やすべての騒音を抑えられるというわけではありませんが、防振ゴムが入っているか、入っていないかでもだいぶ違いますよ。

出来るだけ、業務用エアコンの音などでトラブルになりたくないと考えているのであれば、ぜひともこの防振ゴムの使用を検討してみてくださいね。

業務用エアコンを導入するまでに必要な期間とは?
業務用エアコンを購入して、設置してもらうまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか?工事を依頼する場合には、まずは見積の段階で業者が現地調査を行います。この現地調査から約1週間前後で行われるというのが一般的です。もちろんあくまでもこれは目安なので、それ以上の期間が必要になるという場合もあります。また、入れ替えの場合と新規の場合でも期間が異なります。商品の手配や、運送の手続きなどもあるため見積を依頼してから最短でも1週間はかかると思っておくようにしましょう。また、繁忙期などの場合には、さらに期間がかかるという場合もあるので、繁忙期などは避けるようにするのがおすすめですよ。

業務用エアコン導入の負担を減らすならリース
業務用エアコンを新しく入れるという場合には、かなりの費用がかかります。新規開業する場合などの場合には、売上なども少なくなんとか負担を減らしたいと考えている人が多いでしょう。業務用エアコンは必ずしも全額負担をして導入する必要はなく、審査がありますが、リース会社からリースで導入するということも出来るのです。
リース費用はそれぞれの業者によって異なりますが、月々のリース代が数千円で済むというところもあります。これならば、業務用エアコンを導入しても大きな負担にはなりません。新品を全額負担で導入することに躊躇しているという人は、まずはリースについてよく検討してみましょう。

業務用エアコン選びはここがポイント
業務用エアコンを選ぶ際には、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?一般的に多くの人が選ぶ理由として挙げるポイントを紹介します。まずは、何よりも「価格」で選ぶという人が圧倒的に多いです。どんなに良いものでも高い物は予算が足りないということになりがちです。最新機種を安く買いたいと考えている人が多いです。次に、業者の「対応」で選ぶという人が多いです。今の時代では、インターネットを使ったやりとりが主流となっていますが、その際の対応がしっかりしたものでないと不安を覚えるという人が少なくありません。その他には、「経験・実績」というものです。業務用エアコンの場合には、経験や実績がないと取り付けるのが難しいため、選ぶ際の重要なポイントになります。

リースで導入した業務用エアコンが故障!修理費用は誰が払うの?

初めて、業務用エアコンのリースを利用する人からよく受ける質問が、「故障した場合には、誰が修理費用を支払うのか?」というものです。
業務用エアコンを購入した場合であれば、修理費用は全額自己負担となりますが、リースの場合には、自己負担となるのか、リース会社が支払うのかが気になります。

結論から言えば、リースの種類、契約内容によって異なるということです。
一般的によく利用されているリースには、2つのものがあります。

・ビジネスリース
・修理保証付きリース

この2つが主流です。
修理保証付きリースは、メーカーなどによって名称は異なりますが、基本的な内容には大きな違いはありません。
ビジネスリースの場合には、リースで導入した業務用エアコンが故障した場合には、全額修理費用は自己負担となります。
修理保証付きリースの場合には、故障しても自己負担する必要はありません。(例外もある)

このように、故障した場合の修理費用の負担については、全額自己負担となる場合とそうでない場合があります。
修理保証付きリースの場合でも、定期的なメンテナンスを怠っていたなどの場合には、適用外となり有償での修理となる場合もあるので、注意が必要です。

業務用エアコンのリースを初めて利用する場合などで、リースについてわからないことがあるという際には、ぜひ新空調にお気軽にご相談くださいませ。

業務用エアコン導入をご検討中の方は必見

業務用エアコンを設置するなら防振ゴムがおすすめ
業務用エアコンで問題になる意外なことと言えば、騒音です。とくに、業務用エアコンの室外機の音がうるさいというクレームは意外と多いと言われています。せっかく設置した業務用エアコンがクレームによって使えないなどということになったら、大変ですよね。そんな時に、おすすめなのが防振ゴムです。この防振ゴムは、防振効果、防音効果があると言われています。このゴムの力によって振動を抑えることが出来るので、室外機にとっても優しいというメリットがあります。

この防振ゴムは室外機に直接置く、架台の上に置くなどして使用します。この防振ゴムは、ホームセンターなどでも購入することが出来ます。価格もそこまで高いものではありません。この防振ゴムは、室外機を設置する際に一緒に入れてもらうようにするのがおすすめです。もちろん、この防振ゴムだけですべての振動やすべての騒音を抑えられるというわけではありませんが、防振ゴムが入っているか、入っていないかでもだいぶ違いますよ。

出来るだけ、業務用エアコンの音などでトラブルになりたくないと考えているのであれば、ぜひともこの防振ゴムの使用を検討してみてくださいね。

業務用エアコンを導入するまでに必要な期間とは?
業務用エアコンを購入して、設置してもらうまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか?工事を依頼する場合には、まずは見積の段階で業者が現地調査を行います。この現地調査から約1週間前後で行われるというのが一般的です。もちろんあくまでもこれは目安なので、それ以上の期間が必要になるという場合もあります。また、入れ替えの場合と新規の場合でも期間が異なります。商品の手配や、運送の手続きなどもあるため見積を依頼してから最短でも1週間はかかると思っておくようにしましょう。また、繁忙期などの場合には、さらに期間がかかるという場合もあるので、繁忙期などは避けるようにするのがおすすめですよ。

業務用エアコン導入の負担を減らすならリース
業務用エアコンを新しく入れるという場合には、かなりの費用がかかります。新規開業する場合などの場合には、売上なども少なくなんとか負担を減らしたいと考えている人が多いでしょう。業務用エアコンは必ずしも全額負担をして導入する必要はなく、審査がありますが、リース会社からリースで導入するということも出来るのです。
リース費用はそれぞれの業者によって異なりますが、月々のリース代が数千円で済むというところもあります。これならば、業務用エアコンを導入しても大きな負担にはなりません。新品を全額負担で導入することに躊躇しているという人は、まずはリースについてよく検討してみましょう。

業務用エアコン選びはここがポイント
業務用エアコンを選ぶ際には、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?一般的に多くの人が選ぶ理由として挙げるポイントを紹介します。まずは、何よりも「価格」で選ぶという人が圧倒的に多いです。どんなに良いものでも高い物は予算が足りないということになりがちです。最新機種を安く買いたいと考えている人が多いです。次に、業者の「対応」で選ぶという人が多いです。今の時代では、インターネットを使ったやりとりが主流となっていますが、その際の対応がしっかりしたものでないと不安を覚えるという人が少なくありません。その他には、「経験・実績」というものです。業務用エアコンの場合には、経験や実績がないと取り付けるのが難しいため、選ぶ際の重要なポイントになります。

リースで導入した業務用エアコンが火災や落雷、台風の被害を受けた場合、どうすればよいのか?

初期費用がかからないということから、リースで業務用エアコンを導入しているところも多いでしょう。
リースで導入した業務用エアコンが、火災、落雷、台風などの被害によって損害を被ってしまった場合、どうすればよいのか悩んでしまう人が多いようです。

リースで導入した業務用エアコンについては、動産総合保険が付いています。
そのため、火災、落雷、台風などの被害によって損害を被ったという場合には、保険金が支払われることがあります。

もしも、そのような被害を受けた場合には、どうすればよいのかということですが、まずはリース会社に連絡をします。
リース会社に連絡をする前に修理をしてしまう、あるいは直接保険会社に問い合せるというのは、NGです。

リース物件の場合には、所有者は、リース会社となっていますので、リース会社の方から、修理の手配あるいは、保険金の請求を行うという形になります。
損害を被ったという場合には、まずリース会社に連絡するのが正しい方法です。
動産総合保険については、保険金の支払いの対象となる場合とならない場合があるということも理解しておきましょう。
故意または重大な過失による損害や、経年劣化による故障などには適用されないので、注意が必要です。

業務用エアコンのリースでわからないことがある場合には、ぜひ新空調にご相談くださいませ。

業務用エアコン導入をご検討中の方は必見

業務用エアコンを設置するなら防振ゴムがおすすめ
業務用エアコンで問題になる意外なことと言えば、騒音です。とくに、業務用エアコンの室外機の音がうるさいというクレームは意外と多いと言われています。せっかく設置した業務用エアコンがクレームによって使えないなどということになったら、大変ですよね。そんな時に、おすすめなのが防振ゴムです。この防振ゴムは、防振効果、防音効果があると言われています。このゴムの力によって振動を抑えることが出来るので、室外機にとっても優しいというメリットがあります。

この防振ゴムは室外機に直接置く、架台の上に置くなどして使用します。この防振ゴムは、ホームセンターなどでも購入することが出来ます。価格もそこまで高いものではありません。この防振ゴムは、室外機を設置する際に一緒に入れてもらうようにするのがおすすめです。もちろん、この防振ゴムだけですべての振動やすべての騒音を抑えられるというわけではありませんが、防振ゴムが入っているか、入っていないかでもだいぶ違いますよ。

出来るだけ、業務用エアコンの音などでトラブルになりたくないと考えているのであれば、ぜひともこの防振ゴムの使用を検討してみてくださいね。

業務用エアコンを導入するまでに必要な期間とは?
業務用エアコンを購入して、設置してもらうまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか?工事を依頼する場合には、まずは見積の段階で業者が現地調査を行います。この現地調査から約1週間前後で行われるというのが一般的です。もちろんあくまでもこれは目安なので、それ以上の期間が必要になるという場合もあります。また、入れ替えの場合と新規の場合でも期間が異なります。商品の手配や、運送の手続きなどもあるため見積を依頼してから最短でも1週間はかかると思っておくようにしましょう。また、繁忙期などの場合には、さらに期間がかかるという場合もあるので、繁忙期などは避けるようにするのがおすすめですよ。

業務用エアコン導入の負担を減らすならリース
業務用エアコンを新しく入れるという場合には、かなりの費用がかかります。新規開業する場合などの場合には、売上なども少なくなんとか負担を減らしたいと考えている人が多いでしょう。業務用エアコンは必ずしも全額負担をして導入する必要はなく、審査がありますが、リース会社からリースで導入するということも出来るのです。
リース費用はそれぞれの業者によって異なりますが、月々のリース代が数千円で済むというところもあります。これならば、業務用エアコンを導入しても大きな負担にはなりません。新品を全額負担で導入することに躊躇しているという人は、まずはリースについてよく検討してみましょう。

業務用エアコン選びはここがポイント
業務用エアコンを選ぶ際には、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?一般的に多くの人が選ぶ理由として挙げるポイントを紹介します。まずは、何よりも「価格」で選ぶという人が圧倒的に多いです。どんなに良いものでも高い物は予算が足りないということになりがちです。最新機種を安く買いたいと考えている人が多いです。次に、業者の「対応」で選ぶという人が多いです。今の時代では、インターネットを使ったやりとりが主流となっていますが、その際の対応がしっかりしたものでないと不安を覚えるという人が少なくありません。その他には、「経験・実績」というものです。業務用エアコンの場合には、経験や実績がないと取り付けるのが難しいため、選ぶ際の重要なポイントになります。