業務用エアコンから水漏れするときの対応

HOME » ダイキンの業務用エアコン » 業務用エアコンから水漏れするときの対応

業務用エアコンから水漏れするときの対応

業務用エアコンも多数販売しているダイキンですが、これらエアコンは設置した後のトラブルもありがちですよね。
よくあるのが水漏れですが、このときの対応についていくつかご紹介しましょう。

まず水漏れはエアコンの故障や異常が疑われますので、修理の対象になります。
ダイキンに直接修理を依頼してもいいですし、販売店のサポートなど他に修理やメンテナンスなどを依頼できる窓口があれば、そちらでも構いません。
ただ、すぐに修理を依頼する前に、少し確認したいことがあります。

まずはフィルターのチェックです。
フィルターがホコリやゴミで汚れていると、そこで空気の流れが滞り、結露が起きやすくなります。
この結露で浮いた水がポタポタと落ちてくることがあり、水漏れのトラブルになるんですね。
これだけが原因の場合、フィルターを掃除すれば水漏れも止まります。
フィルターは個人でも取り外しと掃除ができますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

もう1つチェックしたいことに、屋外のホースの状態があります。
エアコンの中で生じた水分は、屋外へのホースですべて外へ流すようになっています。
このホースがどこかで曲がっていたり、物を立掛けていたりして、そこだけホースが潰れていたりすると、水が詰まって逆流することがあります。

このような原因が一切ないのに水漏れするなら、それは内部やホース内のどこかの異常である可能性が高いです。
これら原因は個人だと対応できないことが多いので、修理を依頼するといいでしょう。
修理にかかる代金の目安ですが、ダイキンに頼んだ場合、安ければ8千円程度、高ければ3万7千円程度となります。

業務用エアコンが水漏れしていると思ったら

業務用エアコンの水漏れしているなら京都府業務用エアコンの新空調で点検を依頼しましょう。