日立の業務用エアコンでウイルス対策するなら、酵素フィルター対応のものを販売業者から購入しよう!

HOME » 業務用エアコン各メーカー » 日立の業務用エアコンでウイルス対策するなら、酵素フィルター対応のものを販売業者から購入しよう!

日立の業務用エアコンでウイルス対策するなら、酵素フィルター対応のものを販売業者から購入しよう!

日立の業務用エアコンと言うと、省エネの達人などがよく知られていますが、それ以外にも知っておきたいものがあります。

それが、酵素フィルターというものです。

この酵素フィルターはオプションでつけることができるのですが、この酵素フィルターでウイルスを抑制することが可能なのです。

酵素フィルターを使用するには、適用機種であるかどうかを確認しておく必要がありますが、日立の業務用エアコンを販売業者から購入するのであれば、ぜひとも対応しているものを購入しましょう。

この酵素フィルターの耐用年数は約4年間となっています。
酵素フィルターには、どんな効果があるのかということですが、この酵素フィルターは、天然の酵素の力によってウイルスなどの増殖を抑制して、二次汚染を低減するという効果があります。

また、危険な成分が含まれているわけではなく、天然の酵素を利用しているので、安全ですし、酵素がなくなってしまうということではないので、長い期間効果を維持することができるのです。

この酵素フィルターについてですが、新しい機種だけでなく、対応している機種であれば、古い機種でも取り付けることが可能となっています。

すでに、日立の業務用エアコンを購入して設置しているという人も、この酵素フィルターについてチェックしてみてはいかがでしょうか?

このフィルターの清掃方法についてですが、水洗いや洗剤などに洗うことはできませんが、掃除機で清掃をすることができます。

業務用エアコンは、室内を冷やす、暖めるなど快適にしてくれるものですが、それに加えて、ウイルス対策もできるというのはとても大きな魅力と言えるでしょう。

現在、日立の業務用エアコンを設置している人、あるいはこれから購入して、設置しようと考えている人は、ぜひともこの、日立の酵素フィルターをチェックしてみてください。

これからの時代は、オフィスでも店舗でもウイルス対策が求められる時代です。
ウイルスを抑制する効果が期待できる、日立の酵素フィルターには注目しておきましょう。
日立の酵素フィルターを購入したいという場合には、日立の業務用エアコンを取り扱っている販売店に相談してみるとよいでしょう。

既存の業務用エアコンに取り付ける場合には、適用できる機種であるかどうかを必ず確認しておきましょう。
せっかくかったのに、使えなかったなどということにならないように注意しましょう。

業務用エアコン導入をご検討中の方は必見

業務用エアコンを設置するなら防振ゴムがおすすめ
業務用エアコンで問題になる意外なことと言えば、騒音です。とくに、業務用エアコンの室外機の音がうるさいというクレームは意外と多いと言われています。せっかく設置した業務用エアコンがクレームによって使えないなどということになったら、大変ですよね。そんな時に、おすすめなのが防振ゴムです。この防振ゴムは、防振効果、防音効果があると言われています。このゴムの力によって振動を抑えることが出来るので、室外機にとっても優しいというメリットがあります。

この防振ゴムは室外機に直接置く、架台の上に置くなどして使用します。この防振ゴムは、ホームセンターなどでも購入することが出来ます。価格もそこまで高いものではありません。この防振ゴムは、室外機を設置する際に一緒に入れてもらうようにするのがおすすめです。もちろん、この防振ゴムだけですべての振動やすべての騒音を抑えられるというわけではありませんが、防振ゴムが入っているか、入っていないかでもだいぶ違いますよ。

出来るだけ、業務用エアコンの音などでトラブルになりたくないと考えているのであれば、ぜひともこの防振ゴムの使用を検討してみてくださいね。

業務用エアコンを導入するまでに必要な期間とは?
業務用エアコンを購入して、設置してもらうまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか?工事を依頼する場合には、まずは見積の段階で業者が現地調査を行います。この現地調査から約1週間前後で行われるというのが一般的です。もちろんあくまでもこれは目安なので、それ以上の期間が必要になるという場合もあります。また、入れ替えの場合と新規の場合でも期間が異なります。商品の手配や、運送の手続きなどもあるため見積を依頼してから最短でも1週間はかかると思っておくようにしましょう。また、繁忙期などの場合には、さらに期間がかかるという場合もあるので、繁忙期などは避けるようにするのがおすすめですよ。

業務用エアコン導入の負担を減らすならリース
業務用エアコンを新しく入れるという場合には、かなりの費用がかかります。新規開業する場合などの場合には、売上なども少なくなんとか負担を減らしたいと考えている人が多いでしょう。業務用エアコンは必ずしも全額負担をして導入する必要はなく、審査がありますが、リース会社からリースで導入するということも出来るのです。
リース費用はそれぞれの業者によって異なりますが、月々のリース代が数千円で済むというところもあります。これならば、業務用エアコンを導入しても大きな負担にはなりません。新品を全額負担で導入することに躊躇しているという人は、まずはリースについてよく検討してみましょう。

業務用エアコン選びはここがポイント
業務用エアコンを選ぶ際には、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?一般的に多くの人が選ぶ理由として挙げるポイントを紹介します。まずは、何よりも「価格」で選ぶという人が圧倒的に多いです。どんなに良いものでも高い物は予算が足りないということになりがちです。最新機種を安く買いたいと考えている人が多いです。次に、業者の「対応」で選ぶという人が多いです。今の時代では、インターネットを使ったやりとりが主流となっていますが、その際の対応がしっかりしたものでないと不安を覚えるという人が少なくありません。その他には、「経験・実績」というものです。業務用エアコンの場合には、経験や実績がないと取り付けるのが難しいため、選ぶ際の重要なポイントになります。