ダイキンの業務用エアコンが臭いときの対応

HOME » ダイキンの業務用エアコン » ダイキンの業務用エアコンが臭いときの対応

ダイキンの業務用エアコンが臭いときの対応

ダイキンの業務用エアコンは空調管理に使うものですから、まずは温度調節ができる機能が大切ですよね。
それに加えて、風に臭いがないことも大切です。
飲食店に設置するエアコンなど、風から臭いがしては売上にも関わるでしょう。

「エアコンからの風が臭い」というトラブルはよくあるものです。
ダイキン製のエアコンでも十分にありえることですので、ニオイが売り上げに直結するようなビジネスをしている方は気を付けてください。
もし臭いがするようなら、修理やメンテナンスを依頼するといいでしょう。
エアコンから臭いがするときの原因は、エアコン内部についた汚れやカビなどです。
長く使っているエアコンなど、内部にカビが生えることもありますから、これまでなかったような異臭がし始めた時など、何らかの異常が疑われます。

個人でもすぐにできる対応もあります。
臭いが気になり始めたら、まずはエアコンのフィルターに汚れが溜まっていないか、チェックしてみてください。
フィルターに汚れが詰まっており、それがニオイの原因になっていることがあります。
そのフィルターから明らかにカビ臭がするときは、掃除機でフィルターを軽く掃除したあと、簡単に水洗いをするのもオススメです。
水で洗うときに強くこするとフィルターが破れることがありますので、優しく手洗いしてください。

このような対応をしてもまだエアコンの風が臭いとき、エアコンの内部が原因の可能性があります。
たとえば水を逃がすホースの中にカビや汚れがつまり、それがニオイの原因になっているときなど、個人ではもう対応が難しいことが多いですね。
そのような場合でも専門の修理やメンテナンスなら対応できることがありますので、一度相談するといいですよ。