ダイキンの業務用エアコンは修理できる?

ダイキンの業務用エアコンが故障した後、そのままでは営業に差し障ることもありますよね。
特に飲食店など、空調が効いていないお店は最近少ないですから、売上にも響きかねません。
ダイキンの業務用エアコンを修理したいときは、ダイキンに受付窓口がありますので、そちらへ依頼すれば修理を進められます。
機種や症状にもよるのですが、基本的にはこれで出張修理を受けられます。
ダイキンの業務用エアコンは修理できる? ≫ Click

ダイキン業務用エアコン故障を防ぐための利用法

ダイキン業務用エアコン故障は長く使うほど避けられないものですが、できるだけ故障しないようにしたいですよね。
故障する確率を少しでも下げるために知っておきたい利用法は、定期的なメンテナンスの実施です。
ダイキンのエアコンの故障が起きやすいのは、エアコンの内部に汚れが溜まったり、部品が劣化したりした後です。
汚れや部品の劣化は、毎日エアコンを使っていればどうしても避けられないので、定期的なメンテナンスでコレに対応すると、故障しにくくなります。
ダイキン業務用エアコン故障を防ぐための利用法 ≫ Click

ダイキン業務用エアコン故障かな?と思ったら

業務用エアコンを設置した後、故障などもなく、長く使えることは多いですが、長く使うとこれまで通りに動かなくなることがあります。
ダイキン業務用エアコン故障かな?と思ったら、まずやってみたいことがあります。
それはフィルターのチェックです。
家庭用エアコンでも、フィルターの掃除は定期的にやることをよくオススメされますよね。
それは業務用のエアコンでも同じことで、フィルターの掃除は正常に動くためにはどうしても必要です。
ダイキン業務用エアコン故障かな?と思ったら ≫ Click

ダイキンの業務用エアコンの特徴

ダイキンの業務用エアコンにはいくつかのシリーズがあり、そのシリーズごとに特徴があります。
たとえばあるシリーズでは、省エネの基準値をクリアしており、光熱費がお得になります。
その上、空調の快適さにも配慮されており、室内の温度を適切に保ってくれます。
暖房時、室内の温度差を感じとり、温度が低いところは集中的に、温度が十分高いところは軽めに空調を効かせます。
暖房時に温度が下がりやすいのは出入り口や窓の近くですね。
そのような室内の温度差も考慮して空調を効かせますので、冬でもとても暖かくなります。
ダイキンの業務用エアコンの特徴 ≫ Click

ダイキンの業務用エアコンとは

ダイキンといえば家電の大手メーカーで、家庭用のエアコンを出しているメーカーとしても有名ですね。
そのダイキンからは、業務用エアコンも発売されています。
業務用エアコンとは、家庭用とは違うパワーや形状をしたエアコンで、家庭用ではとても間に合わない広い部屋でも空調を効かせられる、特殊なエアコンのことです。
業務用という名前通り、主に会社のオフィスや店舗などに設置されますね。
ダイキンの業務用エアコンとは ≫ Click

業務用エアコンの床置形について

業務用エアコンの種類の中に、床置形というものがあります。これはどのようなタイプの業務用エアコンなのでしょうか?これは、床に設置するタイプの業務用エアコンです。例えば、部屋の天井に設置するのが難しいなどという場合にこの床置形が設置されます。また、大きな特徴としては、天井埋込形などに比べて設置にかかる時間が短い、工事費が安いということで、なるべく工事費を抑えたいという場合などにも設置されます。

事務所や会議室、ゲームセンターなどの遊技場などに設置されるというケースも多い業務用エアコンです。この床置形には、種類も様々で、シングル、同時ツイン、同時トリプル、個別ツイン、個別トリプルなど色々なものがあります。部屋の広さによってシングルやツイン、トリプルのどれが適しているのかを検討するのがよいでしょう。

床置形の業務用エアコンは、ダイキン、三菱電機、三菱重工、東芝、日立、Panasonicなどのメーカーから販売されています。冷房専用タイプのものもあります。メーカーによっても価格が異なりますので、予算と比較しながら検討してみるようにするとよいでしょう。省スペースで設置することが出来る床置形タイプを覚えておきましょう。

業務用エアコンの撤去はどうすればよい?

店舗や事務所、工場などで使用していた業務用エアコンを撤去したいという場合には、どうすればよいのでしょうか?まず、業務用エアコンの場合には、自分で撤去をするというのは無理です。専門の業者に依頼をする必要があります。業務用エアコンの中には、それぞれの機種ごとに冷媒ガスというものが入っています。撤去する際にはこの冷媒ガスをすべて回収するという義務があります。

この冷媒ガスを回収せずに勝手に放出してしまうなどのことをすると法律違反となり、処罰されます。絶対にこのようなことをやってはいけません。撤去を依頼する業者についても法律に基づいて適切に廃棄、処理を行なっている業者に依頼をするようにしましょう。安いからなどということで、適当な業者に依頼してしまうのは、やめましょう。 業務用エアコンを撤去する際には、費用がかかるということを理解しておきましょう。処分費用がかかるのが嫌だという場合には、業務用エアコンの買取を行っているという業者もいますので、そのような業者に依頼をして買取が出来るか聞いてみるようにするという方法もありますよ。いずれにしても適切に処理を行わなければなりません。

業務用エアコンは、口コミも参考に

業務用エアコンを選ぶ場合には、どのようにして選んでいるでしょうか?ほとんどの人は、価格や商品カタログなどを見て決めているというのがほとんどでしょう。そんな業務用エアコンですが、口コミも参考にしてみるのがおすすめですよ。インターネットが普及した現在では業務用エアコンの良し悪しというものがリアルにわかります。

実際に使用している人の口コミはとても参考になります。どのような点がメリットなのか、どのような点に不満なのかは購入する前にチェックしておくのがよいでしょう。口コミがすべて信頼出来るとはもちろん限りませんが、口コミのメリットは、商品カタログなどではわからないメリットやデメリットを知ることが出来るという点です。

どんなに価格が安くても口コミの評判が悪ければ、購入するのは控えることも検討しなければならないでしょう。業務用エアコンを購入する予定がある、入れ替えを検討しているという場合には、まずは商品カタログと一緒にその機種の口コミを検索してチェックしてみましょう。価格だけを見て決めてしまうと長く使うものなので、後悔してしまうということにもなりかねません。事前のリサーチはとても重要ですよ。

業務用エアコンは買取してもらえる?

現在では、ほとんどのオフィスや店舗に業務用エアコンが導入されています。導入するには数十万円かかるためけして安くありませんが、近年の猛暑を考えると絶対に必要な存在です。しかし、事業をたたむという場合や移転するなどの理由で、使っていた業務用エアコンが不要になるという場合があります。そのような場合には、どうすればよいのでしょうか?もちろん専門の業者に処理を頼むという方法もありますが、業務用エアコンの買取を行っている業者があるというのをご存知でしょうか?

業務用エアコンの買取価格などは、状態やメーカー、能力、買取業者によって異なりますが、少しでもお金に替えたいと考えているのであればこのような買取業者に依頼してみるとよいでしょう。

業務用エアコンの場合、室内機や室外機はとても重いため自分で持ち込むというのが、困難であるという場合が多いですが、業者のほとんどは買取に来てくれるので、事前に確認して買取に来てくれるところに相談するとよいでしょう。業者によっても異なりますが、説明書などがないという場合でも買取をしてくれるところもあるので、まずは気軽に相談してみるのがおすすめですよ。

寒い場所でもしっかり使える業務用エアコンについて

業務用エアコンを使用する場所は様々です。とくに寒冷地に業務用エアコンを設置するという場合には、通常の業務用エアコンではなく寒冷地向けの業務用エアコンを選ぶ必要があります。そのような場所では外気温が氷点下になってしまうということも珍しくありません。そのような過酷な環境の中でもしっかりと暖房を使用することが出来るかどうかが大きなポイントになります。

そんな過酷な状況でもしっかりと暖房が使えるということで、おすすめなのがダイキンのスゴ暖ZEASというものです。こちらは、外気温が-25℃まで暖房運転を行うことが出来るというのが大きな特徴です。さらに、高暖房モードを搭載しており床温度重視にすることで寒い冬もしっかりと足元から暖めてくれます。

また、寒い冬の朝などにはどれだけ早く暖かい風を出せるかというのが大きなポイントになりますが、この製品であれば運転から5分で50℃の吹出しが可能です。さらに、最高60℃の温風を出すことが出来るので、寒い冬の朝でも高速で暖かい空間を作ることが出来ます。寒冷地に業務用エアコンを設置したいと考えているのなら、このダイキンの製品がとくにおすすめです。

既存の業務用エアコンがR22を使用している場合

業務用エアコンを設置している店舗や事務所などはたくさんありますが、注意したいのが既存の業務用エアコンの冷媒ガスがR22の場合です。業務用エアコンには、熱交換を行うのに必要な冷媒ガスというものが入っています。この冷媒ガスは、それぞれの機種によって異なります。その冷媒ガスの種類の1つがこのR22というものです。なぜ、これが含まれているものに注意しなければならないのかということですが、これは2020年に生産が終了してしまうことが決定しているからです。生産が終了するということは、万が一冷媒ガスが漏れてしまったなどで冷媒ガスが必要になっても入れることが出来なくなるということです。

そうなると、結局のところ買い替えを行うしか方法がなくなってしまいます。そのため、現在この冷媒ガスを使用している機種を使っているという場合には、早めに入れ替えの準備をするようにしておきましょう。後で慌てて使えなくなってしまうということが無いように注意が必要です。また、業務用エアコンを入れ替えるにはまとまった資金が必要になりますので、入れ替えを行うための資金をしっかりと貯めておく必要もあります。出来るだけ早めに入れ替えるのがおすすめです。

教育機関におすすめの業務用エアコン

学校や塾、図書館などに設置するのにおすすめの業務用エアコンとは、どのようなものなのでしょうか?このような場所に設置するのにおすすめなのが静音性に優れていて、さらに省エネ性に優れている業務用エアコンです。学校などの場合、各教室に設置するとかなりの費用がかかりますし、毎月の電気代も馬鹿になりません。この電気代を少しでも安くするためにも省エネ性に優れたものを選ぶのがおすすめです。

もうひとつ大切なことは、学習環境を邪魔しないようにするためにも静音性、つまり運転の音などが静かなものを選ぶということです。音がうるさいと学習に集中することが出来ないということがあるので、この静音性に優れているという点はとても大切なポイントです。絶対に必要な機能ではありませんが、生徒のイタズラ防止として、ロック機能がついているものを選ぶのもよいでしょう。イタズラによって無駄な電気代を消費するというのはとてももったいないので、ついているととても便利です。

教室の場合には天井に埋め込むのではなく、天井に吊るタイプのものがよく使われています。教育機関に業務用エアコンを設置したいと考えている人はぜひ、このような点に注目して選んでみましょう。

三菱電機の業務用エアコンムーブアイで省エネを実現

三菱電機の業務用エアコンの大きな特徴と言えば、やはりムーブアイです。このムーブアイは省エネを実現するために、とても重要な役割を果たしてくれます。ムーブアイには2つのタイプがあります。人感ムーブアイ、ムーブアイの2つです。人感ムーブアイは人間のいる位置と床の温度を検知することが可能です。ムーブアイは、床の温度を検知することが出来ます。

ムーブアイを活用することによって、部屋の中の温度のムラを解消することが出来ます。床温度を検知することが出来るので、温度のムラを解消するように制御してくれます。これによって、部屋の中の冷房が効きすぎて寒いということや、暖房が効きすぎて暑いなどということを防いでくれます。冷房や暖房の無駄を抑えられるので、省エネに貢献してくれます。

人感ムーブアイでは、人のいる位置、人数、エリアの床温度を検知することが可能です。だから、人がいるエリアを中心に運転してくれるので、とても効率が良くなります。人がいるところだけを中心にすることで、無駄な電気代を抑えられます。三菱電機のムーブアイはオフィスなどに導入するのにとてもおすすめです。電気代を抑えたいと考えている人にとくにおすすめです。

自分で出来る業務用エアコンのお手入れとは

業務用エアコンを長く使うためには、日頃のお手入れがとても重要であるということがよく言われています。業務用エアコンの内部のお手入れについては、プロの業者に任せるのがおすすめですが、自分で出来るお手入れとはいったいどのようなものなのでしょうか?

業務用エアコンの自分で出来るお手入れとは、フィルターのお手入れです。フィルターは機種などによっても異なりますが、パネルを開けてすぐのところにあります。このフィルターにはホコリやゴミなどが付着しているので、お手入れを行うようにしましょう。汚れ具合によっても違いますが、水洗いをするだけで落ちる場合もありますし、洗剤を使用して綺麗にするという場合もあります。とくに、環境によっては油汚れがついてしまうという場合がありますので、そのような場合には柔らかいブラシなどを使用してフィルターの手入れをしましょう。

フィルターを洗った後は、しっかりと乾燥させるようにしてください。しっかりと乾燥させないまま装着してしまうと、カビなどが発生する原因になってしまいます。カビが発生すると嫌なニオイなどが発生しますし、衛生面でもよくないので、フィルターを洗ったらしっかりと乾燥させましょう。

業務用エアコンの室外機の周りに物は置かない

業務用エアコンを使用している人は、たくさんいますが意外と忘れてしまいがちなのが室外機の周りに物をおいてしまうということです。そもそもなぜ、室外機の周りに物をおいてはいけないのでしょうか?業務用エアコンは熱交換を行いますが、その熱交換が上手くできなくなってしまうために物をおいてはいけないのです。上手く熱交換が出来なくなってしまうと非常に効率が悪くなるので、無駄な電気代もかかるということになります。

業務用エアコンを運転していて、今までよりも効きが悪くなったと感じる場合には、室外機の周りに物や障害物が置かれていないか確認してみましょう。もしも置かれているという場合にはすぐに移動するようにしてください。業務用エアコンの室外機を置く場所は、出来るだけ風通しが良い所、直射日光があたらない場所などが最適と言われています。そうはいっても直射日光があたるという場所は多いので、そのような場合には日差し除けなどを設置することで対応するということも出来ますよ。室外機の環境というのは多くの人が見落としやすいので、出来るだけこまめにチェックするようにしましょう。ぜひ、覚えておきましょう。

業務用エアコンの室外機の転倒を防ぐには

業務用エアコンの室外機はとても重いものですが、災害時などに転倒してしまうということがあります。転倒してしまうと故障してしまうというだけでなく近隣の人に迷惑をかけるという可能性もあるため、転倒しないようにする必要があります。そのためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?

簡単に出来る対策としては、室外機をコンクリート製のブロックの上に乗せて固定するという方法です。強風などの際でも重みがあるので、転倒するリスクを軽減することが出来ます。コンクリート製のブロックを使用するという場合には、同時に防振ゴムを設置するようにするとよいでしょう。振動を防ぐのに役立ちます。また、転倒防止策としてよく行われるのが壁に金具で固定するという方法です。固定するための金具はホームセンターなどで簡単に購入することが出来ますし、価格も安価なものが多いので、転倒するリスクを考えると必ず行っておきたい対策と言えるでしょう。室外機が転倒してしまって損傷してしまうとかなりの修理費がかかることになりますので、そのようなことを防ぐという意味でもしっかりと転倒防止策は行なっておくようにしましょう。自然災害の際のリスクを軽減することが出来ます。

業務用エアコン導入をご検討中の方は必見

務用エアコンを導入するまでに必要な期間とは?
業務用エアコンを購入して、設置してもらうまでにかかる期間はどのくらいなのでしょうか?工事を依頼する場合には、まずは見積の段階で業者が現地調査を行います。この現地調査から約1週間前後で行われるというのが一般的です。もちろんあくまでもこれは目安なので、それ以上の期間が必要になるという場合もあります。また、入れ替えの場合と新規の場合でも期間が異なります。商品の手配や、運送の手続きなどもあるため見積を依頼してから最短でも1週間はかかると思っておくようにしましょう。また、繁忙期などの場合には、さらに期間がかかるという場合もあるので、繁忙期などは避けるようにするのがおすすめですよ。

業務用エアコン導入の負担を減らすならリース
業務用エアコンを新しく入れるという場合には、かなりの費用がかかります。新規開業する場合などの場合には、売上なども少なくなんとか負担を減らしたいと考えている人が多いでしょう。業務用エアコンは必ずしも全額負担をして導入する必要はなく、審査がありますが、リース会社からリースで導入するということも出来るのです。
リース費用はそれぞれの業者によって異なりますが、月々のリース代が数千円で済むというところもあります。これならば、業務用エアコンを導入しても大きな負担にはなりません。新品を全額負担で導入することに躊躇しているという人は、まずはリースについてよく検討してみましょう。

業務用エアコン選びはここがポイント
業務用エアコンを選ぶ際には、どのようなポイントで選べばよいのでしょうか?一般的に多くの人が選ぶ理由として挙げるポイントを紹介します。まずは、何よりも「価格」で選ぶという人が圧倒的に多いです。どんなに良いものでも高い物は予算が足りないということになりがちです。最新機種を安く買いたいと考えている人が多いです。次に、業者の「対応」で選ぶという人が多いです。今の時代では、インターネットを使ったやりとりが主流となっていますが、その際の対応がしっかりしたものでないと不安を覚えるという人が少なくありません。その他には、「経験・実績」というものです。業務用エアコンの場合には、経験や実績がないと取り付けるのが難しいため、選ぶ際の重要なポイントになります。

ダイキンの業務用エアコンを格安で購入できるサイト

有限会社新空調ではダイキンの業務用エアコンも75%OFF以上で購入できます。